重量物の搬入・据付、解体(重量鳶)の有限会社細井工業

重量物の搬入・据付、解体(重量鳶)の有限会社細井工業

安全対策について(解体)

  • ホーム
  • 安全対策について(解体)

解体工事の安全対策

重量物の解体作業は、人命、機器等に重大な影響をおよぼす危険があるので、作業にあたっては、安全規則を遵守し、細心の注意をはらい事故の防止の徹底を図ります。

作業の実施

  • 各機器の取扱者及び玉掛者は有資格者が作業に従事いたします。
  • 作業開始前、作業員全員にてミーティングを行い、その日の作業内容、作業方法、危険ポイント等を周知徹底し、服装、保護具の点検を行い安全作業に努めます。
    又、職長は当日の作業員全員の健康状態を把握し、適正配置を行います。
  • 近隣協定がある場合はルールを遵守いたします。
    *高所作業がある場合は、安全帯を必ず使用、着用させます。
    *揚重作業がある場合は、吊荷の直下に作業員を入れない、入れさせない措置を徹底します。

緊急事態の対応と処置

  • 悪天候により作業に支障が発生した場合は、関係各位と協議を行い、作業可能となるまで延期又は作業可能となるまで待機いたします。
  • 万が一、災害等が発生した場合は直ちに作業を中断し、様々な処置を迅速に実施し、事故等を最小限度に抑える措置を講じます。
    *事故及び災害発生については、その原因を究明し再発防止措置を樹立、実施いたします。
    *事故及び災害の補償等につきましては、関係各位と協議し、場合によっては当社の規定に従って処理いたします。
  • 作業中、貴社ならびに関係各位にて危険と判断された場合は直ちに作業を中止し、ご指示に従います。

作業場所の清掃等

作業終了後は速やかに資材等の搬出を行い、作業場所の清掃を行います。

>>解体工事の施工に関する詳細はこちら >>搬入・据付の安全対策に関する詳細はこちら
メールでのお問い合わせ